MENU

補綴治療

  • 一般治療
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • インプラント・入れ歯
  • 院長・スタッフ紹介
  • 求人情報
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院案内

歯科タウン

こうざき歯科クリニック

〒825-0005
福岡県田川市大字糒2099-9

TEL

診療時間

平日:9:30~13:00
/14:30~19:00

土曜:9:30~17:00
休診日:日曜・祝

メールでのお問い合わせ

トップページ  >  補綴治療

失った歯の機能を補う補綴治療

病気や事故などで歯を失ってしまうこともあるかと思います。ただ、治療を受けずに歯がない状態のまま放置してはいけません。
その歯を補い、機能を回復する補綴(ほてつ)治療を受けなければ、きちんと食事を咬むことができず、栄養の吸収が十分にできなくなります。また、空いた隙間に周囲の歯が倒れ、歯並びや咬み合わせの乱れが生じることも……。

田川市の歯医者「こうざき歯科クリニック」では、失った歯の機能を補う治療としてインプラントや入れ歯などの治療をおすすめしています。患者さんのご要望に合わせて最適な補綴治療をご提案しますので、歯を失ってしまった場合は当院までご相談ください。

インプラントとは?

image

インプラントとは、失った歯を補うための治療法の一つです。チタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み土台にし、その上に人工の歯を装着することで機能回復を図ります。
すでに30年以上の歴史があり、信頼できる治療法です。

インプラントのメリットは天然歯と変わらない見た目、咬み心地を再現できることです。入れ歯やブリッジのように周囲の歯に負担をかけず、顎の骨に埋め込んだ人工歯根が歯を支えます。
残っている歯にやさしく、機能的で審美性の高いのがインプラント治療ですが、保険が適応されず自費診療となるため比較的高額になってしまう点がネックだといえるでしょう

インプラント治療のメリット

よく咬める 入れ歯にはない自然な咬み心地のため、硬いものや粘着質なものでもおいしく食べることができます。しっかりとした自然な咬み心地は入れ歯やブリッジよりもはるかに優れています。
歯を見せることへの不安が無くなる 入れ歯のようにバネはなく、審美性が高いため、自然な見た目に仕上がります。人と接するときに口元をコンプレックスに感じることもなくなるでしょう。
また外れる心配もないため、思い切り笑ったり、会話したりすることができます。
周りの歯への影響がない ブリッジは隣の歯を削って土台を作ります。削られた歯は寿命が短くなり、数年後にはその歯も失ってしまう危険性があります。インプラントは顎の骨に埋め込んだ人工歯根を支えに人工歯を被せます。
そのため周囲の歯に負担をかけることがありません。残っている歯の健康を守り、維持することにつながります。

インプラント治療の流れ

カウンセリング

image

まずはカウンセリングを行い、インプラント治療に関してわかりやすく丁寧にご説明いたします。疑問や不安がございましたらお気軽にご質問ください。

次へ

精密検査

image

患部の状態をくわしく知るため、レントゲンなどで検査を行います。お口の中全体だけでなく、部分的に小さな範囲での撮影、CT撮影などさまざまな検査を行い、顎の骨量、形や質などの情報を得ます。
また、周囲の歯の状態や虫歯や歯周病などの状態、歯ぐき、咬み合わせなどの検査を行い、必要に応じてインプラン治療の前に治療します。

次へ

手術

image

インプラントを埋め込む手術をします。麻酔をして骨を削りインプラントを埋め込みます。埋め込んだインプラントに蓋をします。
患者さんの希望や症状によって、1回の手術のみの1回法か2回手術を行う2回法をお選びいただきます。

次へ

保定期間

image

仮歯を装着し、実際に使ってもらいます。咬み心地だけでなく、形や装着感など確認し、その都度主治医と相談しながら、微調整を行います。

次へ

人工歯の装着

image

仮歯でのデータをもとに型採りし、周囲の歯の色に合わせ本歯をつくります。歯並びや色をチェックし、問題なければ本歯を取り付けます。

次へ

メンテナンス

image

本歯を取り付けたら治療完了ではありません。メンテナンスをしっかり行い、ケアしなければいい状態でインプラントを長持ちさせることはできません。定期健診を必ず受けましょう。

Pick Up!-インプラント治療にかかる費用の考え方-

インプラントは自費診療のため、一般的に1本につき30万~50万円ほどの決して安くはない費用がかかります。
しかし、60歳でインプラント治療を行い、75歳まで使用し続けるとしたら、15年間で365日1日3回の食事をすると、あと16425回の食事の機会がある計算になります。

35万円を1食あたりに換算すると約20円となります。1食20円を支払い、快適においしく食事ができると考えれば、決して高い金額ではありません。
さらに、80歳、85歳と長生きすればするほど1食あたりの費用は安くなります。歯を失っても自然な咬み心地や見た目を再現できるインプラント。きちんとメンテナンスを行えば半永久的に使用することもできます。

お問い合わせ

短期で治療ができる入れ歯治療

咬み心地や見た目の自然さではインプラント治療に劣りますが、費用面、治療期間など入れ歯治療にもたくさんのメリットがあります。
また、入れ歯には保険診療と自費診療を選べるケースが多く、ズレにくく、見た目も自然な入れ歯を選ぶことも可能です。それぞれの治療のメリット、デメリットをしっかりと理解し、ご希望に合う治療方法を選びましょう。

入れ歯のメリット

入れ歯にもいろいろなメリットがあります。メリットやデメリットを理解したうえで希望に合う治療を選択できます。

安い治療費 保険診療の入れ歯はもちろん、審美性の高い自費診療の入れ歯もインプラントに比べると治療費はかなり安く抑えることができます。
短い治療期間 手術が必要なインプラントは治療期間が数ヶ月から半年かかりますが、入れ歯は1ヶ月ほどで提供が可能です。
広い適用範囲 重度の糖尿病、腎臓病、肝疾患、心臓疾患のある患者さんは、インプラント治療を受けることができませんが、入れ歯治療にはそのような制限はなく、誰でも選択することができます。

入れ歯の種類

シリコンデンチャー

image

自費診療
歯ぐきの部分が生体用シリコンで覆われた入れ歯です。シリコンは弾力性があり、咬んだ時にクッションのように刺激を和らげる役目をするため、硬いものを咬むこともできます。
吸着性があり、食べ物が間に挟まり痛みを感じることもありません。また、ぴったりとした装着感が特徴です。

ノンクラスプデンチャー

image

自費診療
バネがない入れ歯で、床となる歯ぐきの部分は弾力性に優れた特殊なプラスチックでできています。バネがないので周囲の歯に負担をかけることがなく、また目立ちません。
しなやかな素材でフィット感があり、使用感に優れています。ただ失った歯の箇所によっては使用できません。

金属床

image

自費診療
床部分が金属製の入れ歯です。金属の種類によって変わりますが、熱伝導率に優れているので食べものや飲みものの温度が伝わりやすく、食事をおいしく食べることができます。
また、薄く加工できるので、違和感が少ないのが特徴です。金属は金合金やチタン合金、純チタン、コバルトクロム合金などから選ぶことができます。

マグネットデンチャー

image

自費診療
残っている歯根と入れ歯を磁力で固定する入れ歯です。強力な磁石でしっかり固定されるため、しっかり咬むことができ、歯ごたえのあるものも食べることができます。
またバネがないので目立ちません。しかし、金属アレルギーのリスクがあります。

ロケーター

image

自費診療
2本のインプラントで入れ歯を支える「ロケーター」は、取り外しができて清掃性がよく、ずれたり外れたりすることがなく現在注目されている義歯の一つとなります。

お問い合わせ

Copyrighit ©kouzaki-dc.com All righit Reserved.